医療・福祉

ふるさと

 私が生まれ育った地で、縁とご支援を得て、4月1日より、社会福祉事業所をスタートする運びとなった。14日、建物の検収でお邪魔した。

 P3140004a 窓から見える「藻岩山」、この山がふるさとの山といえる。スキーや昆虫採集、もろもろの遊び場であった。

 P3140003a 西側の窓からは、「円山」、遠くには、冠雪した「手稲山」が見える。こちらも大きな意味では、ふるさとの山々である。

 P3140014a 3階建てで、外観はクラッシックで落ち着いている。

 P3140016a この松(アカマツ)は、創立者がふるさとの長野県から種子を取り寄せ、

大切に育てた大切な樹木である。他にも由緒ある「落葉松」(カラマツ)、「イチョウ」などもあるが、今は、葉が落ちていてさびしい。緑の春が来れば、また、お伝えする。

 個人的には、滋賀県のSさん、兼々会のみなさんなど、お力添えをいただきました。また、法人にかかわる多くの方々にも、お力添えをいただき、心より感謝している。本当にありがとう!!





| | コメント (4) | トラックバック (0)

オレンジリボン

 本日(2月24日)市内で、標記、研修会に出席した。正式には「札幌市オレンジリボン地域協力員研修会」、ここまでで、すっとわかった方は、すごいです。

 児童虐待の早期発見・早期対応に向けた取り組みを推進するための市民参加!! そのシンボルが「オレンジリボン」ということで、全国的にその運動が展開されている。

 昨日、我が家に遊びに来た、野鳥を紹介する。

P2230008 クロヒマワリを食べにきた「シメ」!!

P2230021 「シジュウカラ」さん、「ヤマガラ」さんも来ていました。

P2230061 「ヒヨドリ」さんと「スズメ」さん!! 「カラス」さんも毎日来ている。

 本日午後2時から、独居老人の安否確認、「寒いのでお気を付けてください」と言われ、ホットする。







| | コメント (4) | トラックバック (0)

 有珠山サービスエリア、&

 7月8日、道南の「黒松町」にて行われた、広瀬先生のお通夜に出席した。とても良い天気で高速道の「有珠山SA]にて3枚の写真を撮った。

 P7080071
 左:有珠山~真ん中:昭和新山、その間に、羊蹄山の山頂が小さく見える。

P7080073

 伊達市街、西日を浴びて、光輝いている。

P7080074
 内浦湾の向こうに「駒ヶ岳」が見える。

 広瀬先生は、享年94歳、自らの私財を投じて、児童養護施設、知的しょう害施設、老人介護施設等などを創設、生涯現役を貫かれた立派な先人である。ご冥福をお祈りいたしました。

 P7090077
 我が家の芝生!!

P7090078
 その脇にはカラフルな草花!!

 良い季節を迎えている。







| | コメント (2) | トラックバック (0)

医福食農連携~◯◯・・・・~

 26日、市内道新ホールにて、~「食でつながるイノベーション」~、とのシンポジウムがあり出席した。 後日、TV放映、或いは、新聞報道が予定され、写真の撮影は禁止とのアナウンスが流れた。従って、最初のタイトルと、最後のみお届けする。

P2260009_2  開始30分前に到着、このタイトルは、すでに、表示されていた。

P2260008 パネルディスカッションのパネリスト、コーディネーター!!

 世界に誇るシェフ :三国 清三氏から『美味しく楽しい地産地消』とのタイトルで、特別講演が行われた。

P2260006 パネリストのお三方!!

 三國さんはもとより、知的障がい者雇用の先駆者、道産食材加工のフジッコ開発部長 、など 、興味深いお話を伺うことができた。

 フード・アクション・ニッポンというのをご存知でしょうか? 実は、僕も、その詳細は知りませんでした。

 地球規模で深刻化する食糧問題→我が国の食料自給率(39%)、他人事ではありません。

 そのため、政府は、平成19年7月から「食料の未来を描く戦略会議 」を開催。同年10月に食料自給率向上に向けた消費拡大の取り組み「フード ・アクション・ニッポン」を立ち上げました。

 その流れの中で、平成25年度からは、「医福食農連携」、「観光業界との連携」をテーマに加え、事業が推進されている。

 医福食農連携については、~食でつながるイノベーション~ 事例集がつくられ、資料としていただくことができた。 全国での選抜20例が紹介されている。

 その巻頭には、医療や福祉との連携で、心と体がよろこぶ、食の新発想が生まれています。と記されている。 その着実な生長・発展を願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「痛みを理解する」Ⅱ 

 痛みには2種類あり、有用な感覚(]急性痛)、不要な感覚(漫性痛)がある。P2020012

P2020014 漫性痛の解消には、ゆるやかなストレッチングが有効であり、

P2020016 体幹筋の強化運動も重要である。

 P2020018 運動療法の効果は、心理面での影響、前向きな取り組み効果が大きい。

P2020024 池田先生のタイトル!!

 内科的なアプローチが必要な痛みもあるとのこと、痛みも奥が深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「痛みを理解する」

 2月2日、標記セミナーを聴講することができた。 P2020004

 学会の市民講座として、3人のお医者さんからお話が合った。

P2020005 益子先生のタイトル!!

P2020008 昨年、経験した手術のおさらいのような 気分となった。

P2020009 山下先生のタイトル!!

P2020011 症状別有訴率では、腰痛、肩痛が圧倒的に多いことがわかる。

 (明日へ続く!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)