長都沼

 ヒシクイ

P4010013
 ヨシハラに動きあり、「ヒシクイ」と思われた。

P4010030
 川の手前にも大きな集団が!! 春を楽しんでいた。

P4010038P4010043
 「オオヒシクイ」と思われる個体もいるが、断定はできない。

P4010057
 川向こうでのくつろぎの一時!! 

 団体行動が上手にできており、感心!!







| | コメント (0) | トラックバック (0)

 ハクチョウ

 ハクチョウは殆ど見当たらず。2羽のはぐれ鳥を確認!!

 P4010028
 「ハクチョウ」1羽、川へ向かう!! 「ヒシクイ」集団も後追い!!

P4010032
 「ハクチョウ」のどかに!!

P4010034
 「ハクチョウ」飛び立つ!!

 見送る「ヒシクイ」さん。

P4010018P4010019
 「ハクチョウ」の軍団が通過!!

 もう北へ向かう季節なのか?









| | コメント (2) | トラックバック (0)

 サギ集団

 最初に目に入ったのが、「ダイサギ」!!

 P4010005
P4010007
 飛び立った。

P4010008
 そのさきに、「サギ集団」!! 「アオサギ」が多い!!

P4010022
 アップすると、「ダイサギ」と「アオサギ」!!

 鳥の世界は、異種を許容しているように思われる。

P4010051

 「アオサギ」天空を舞う!! 






| | コメント (2) | トラックバック (0)

 春のきざし

 23日、長都沼周辺の雪は、例年より少なく、途中の畑では、黒い土がところどころ顔を出していた。

P2230020
 ネコヤナギの芽も膨らんできた。

P2230022
 ウミドリも陽気に誘われ侵入!!

P2230040
 トビ群れる!!

P2230041
 氷、プカプカ!!

P2230047

 麦畑、顔を出す。野鳥にとって、良いエサとなるのであろう。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

 オオハクチョウ

 2月23日、午後、暖かさに誘われ、「長都沼」へ!! ところが、ハクチョウの1羽もいない。

 ダイサギ数羽がゆらりゆらり、入ったり来たり。トビ、やウミドリもあらわれる。

 P2230081(15:58) 待望のハクチョウあらわれる。

P2230083
 (15:59)
 ハクチョウランディング態勢!!

P2230085
 (16:15) 出発を促す鳴き声が聞こえてくる。

P2230087


 出発~

P2230090

 (16:15) 大空へ飛翔!!

 暖かい日なので、また、畑へ出向いて、採餌活動をするのか?

 遠くの畑から、鳴き声が聞こえてくる。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

 落日

 (21日、長都沼からの帰路)

P2210158
 山並みに陽が落ちる。凍てつく雪原を照らす。

P2210159
 左端:恵庭岳

P2210161
 左端:樽前山

P2210163
 「舞鶴橋」!!

P2210164
 残照、ビニールハウスを染める。

 陽の長さも伸びてきた。








| | コメント (2) | トラックバック (0)

 オオハクチョウ&

 (21日の続き) オオハクチョウも戻りつつあるのか? 寒さが強く、活動的ではなかった。

P2210071 オオハクチョウ羽ばたき!!

P2210083
 毛づくろい!!

P2210084
 首をすくめて!!

P2210124
 脚を伸ばして!!

P2210091
 「ヒシクイ1羽」!!

P2210138

 ヒシクイ、オオハクチョウへご挨拶!!










| | コメント (0) | トラックバック (0)

 ダイサギ飛翔

 (21日の続き)

 P2210056

 「ダイサギ」飛翔!!

P2210102P
 首をたたんで飛ぶことが多い。足は延ばしている。

P2210107


P2210108
 ゆらゆらと飛ぶので、シャッターチャンスはとらえやすい。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

 ダイサギ

 21日、午後、長都沼へ!!

 P2210040


 バックスタイル!!

P2210042
 横姿!!

P2210044
 マガモご夫婦のそばを、失礼!!

P2210133
 ダイサギ、ビュー!!

P2210144
 ダイサギ、シルエット!!

 (本日、23日は、札幌も7℃と暖かな日、午後、長都沼へ足を伸ばす。後日!!)






| | コメント (2) | トラックバック (0)

 ダイサギ&

 2月9日(月)、久しぶりに「長都沼」へ行く!! 前日の雨で、水路は拡がっていたが、ハクチョウは少なかった。

 車で、ゆっくり走っていると、「ダイサギ」がいた。P2090007


 大きくて、立派な「ダイサギ」である。

P2090009
 人の気配を感じて、飛び立った。

P2090010

 追いかけると、仲間と一緒になった。奥にはカラスも写っている。

P20900143
 ダイサギ3羽がゆったりしている。

P2090015
 わずかの「オオハクチョウ」がとても寒そうに思われた。

 私たちも寒いので、30分程度で退散した。





| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧