自然災害

つらら落とし

 年があけて、本格的な降雪はなく、みんなホッとしている。

Photo


 年末に屋根に積もった大雪から「つらら」が伸び、壁面や、小屋根を痛める可能性が高まり、昨日、意を決してつらら落とし、雪落としを行った。無事落とすことができ、一安心!!

 屋根の雪除けのタイミングとしては、窓の障子、あるいは廊下と畳部屋の「雪見障子」があかなくなった時とされている。生活上の支障が出たのちということであるが、お年寄りはせっかちで、あるいは軽いうちに済ませようということで、落雪事故と背中合わせとなる。

 木造の、古い家では、玄関もあかなくなることが予測され、そうなると、命がけでもやらざるを得ないことになる。雪国の宿命と言える。皆さん気を付けてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

 花は咲く(Ⅱ)

 花と裏方さんに焦点を当てると、P2160005


 振付を担当された方!!

P2160003
 お花を準備された、お嬢さん2人!!

P2160008
 3.11.災害で傷ついた花!!

P2160027
 明日へ、世界へ向かう、新しい花!!

P2160031
 フィナーレ!!

 復旧も道半ばであり、美しい東北、力強い東北を、着実に取り戻されることを期待したい。

 






| | コメント (0) | トラックバック (0)

 花は咲く

 3.11.が近づいてきた。4年目を迎える。

 フィギァNHK杯、エキシビション「花は咲く」!! 羽生結弦さんの演技をお届けする。

 P2150021

 花は咲く!!

P2150022
 いつか生まれる君に!!

 P2150024世界へ届ける花!!

P2150028
 スピン!!

P2150029

 明日へつなげる花を受ける!!

 (次回へ続く)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

排雪作業

 大雪の降る前日に「排雪作業」が入り、すっきりした。しかし、その翌日が「大雪」とは、皮肉なできごととなった。 この排雪は、民間業者に一シーズン、26,000円/10回にて、委託している。

 P1190055

 排雪作業のスタート!!

P1190060P1190062 S宅前、T宅前、ここで、大型ダンプが満杯となり、

P1190067
 次のトラックが来て、我が家前を排雪!!

P1190064 我が家の向かいの「チョモランマ」も育ってきた。 私は、自力で「チョモランマ」を育てているので、「排雪委託」は不要かも知れない。 一つの近所づきあいである。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴風雪

 (昨日の続き)

 P1200084

 玄関ドアを押しあけると、階段がスッポリ埋まっていた。

P1200086


 除雪して、道路に出る。

P1200087
 ほぼ3時間でこんなに積もった。一日降り積もるとどうなることか、おそろしい!!

P1200089
 「パッソ」も重そう!!

P1200090
 玄関までの通路も、幅半分だけ開けている。雪捨て場もなく、労力もかかるので、致し方ない。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

大吹雪

 1月20日(火)、雪も少なく、9時に近くで用たしする。家に戻った9時半頃から、猛烈な雪と風、「大吹雪」となった。

 P1200071

 車庫の上、樹木はサクランボ:家の西側である。

P1200073
 台所の窓から、いつもは、小鳥が遊びに来る。:家の北側!!

P1200074
 芝生の上!! すでに1メートルは越えている。:家の南側!!

P1200078
 2階の窓から、ツララも伸びている。家の東側!!

P1200083
 11時30分、錦織選手の全豪オープン、第1戦ストレート勝ちを伝えていた。 真冬と真夏のできごと、この後も、頑張って下さい。おめでとう!!







| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛吹雪

 7日~8日にかけて、猛吹雪!! 8日の新春交礼会も、交通障害のため、3名が欠席となった。

 猛吹雪の写真は難しい。いまだ、これといった、写真はない。

 (間接表現にて)

P1080009
 1月8日、朝の写真!! 外が見えない。

P1080012

 外は、大吹雪だ!!

P1080010
 玄関の階段も、すっぽり雪に埋まり、足跡は、新聞配達の方!! 本当にご苦労さまです。

 早く起きて、開けておくべきなのだが、そのような元気も、今はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

排雪山

 札幌市内の各地に「排雪の山」が聳えている。 豊平川の河川敷、未利用地などに多い!!

 P4130004


 こちらは「もみじ台南」、雪山の先は、西の里になる。

 P4130006


 テクノパークへ続く「ポンノッポロ橋」、テクノパーク内の雪が集められている。

P4130007


 橋が遠くに見える。

P4130010


 戻って、橋の上から振り返ると、巨大で長い雪山であることがわかる。

今シーズは大雪であったので、場所によっては6月頃まで残りそう!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

都会の雪壁

 このところ、日中はプラス気温の日が多くなり、雪どけも進んできた。 でも、いたる所に、雪壁が残っている。

 P3160007


 我が家の前の「雪壁」、年輪のように、雪の層が重なっている。

P3160006


 厚別東通りの「中央分離帯」、バームクーヘンを連想させる。

 P3170003


 「停車標識」が、かろうじで、雪壁から顔を出している。

P3170004
「バス停」も未だ雪山の谷間!! 

でも、確実に春に向かっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 暴風雪続く

 毎日の除雪が苦痛となってきた。土日であったのが、サラリーマンには幸運であった。

 雪の重みで、書斎の障子戸が動かなくなってきた。屋根の雪下ろしも必要なのであろう。

 P3100004


 2階のベランダも、このように雪で覆われてきた。

P3100005


 こんなに雪が吹きだまっている。

P3090001


 道路には、レーキドーザーが入り、車の通行ができるようになった。P3100006

 

玄関前の通路が、どんどん細くなってきた。

両側が高くなり、雪の投げ場がなくなっている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧