道東にて

 大学馬場にて

 50年前、入試の前日、厩舎を訪ねた。厩舎の開き戸を開けると、両側から馬の視線がこちらを覗き、歓迎してくれた。僕にとっての「原風景」であり、入学できたら、この馬たちと一緒!! っと誓ったものである。 P6220046


 練習の時間帯で、馬たちは、外に出ていた。

P6220055

 キャバレッティの通過練習!! 障がい飛越の基礎である。

P6220058
 細い腕で、上手に御している!! 高校2年生とのこと、将来が期待される。

P6220081
 小さい障害を丁寧に!! それが、大きな障害の安定した飛越につながる。何事も小事をおろそかにしないこと、忘れてはならない。

P6220085
 みんなで「記念撮影」!! 若いエネルギーと70年を超す伝統、そして「十勝晴」がもてなしてくれた。

 入学時の建物で現存するのは、この「厩舎」のみとのこと、私の、そして同窓生すべての原風景でもある。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

 中寮11室コンパ

 私の学生時代の寮仲間が「かんぽの湯十勝川」に集まった。15名の案内に対し、8名の参加者であった。

 その時代の碧雲寮は木造で、南寮、中寮、北寮、それぞれ16室、合わせて48室、1室6名で構成されていた。

 陽当たり、スチーム暖房の効率の良さ、その他の利便性から、毎年、部屋替えが行われていた。なぜか、私は中寮11室で4年間を過ごすことができた。(卒業と同時に新寮へ移行、従って、4年生の時の1年生をもって、メンバーの補充はなし)

 P6060011a


 「十勝が丘」、なつかしい光景である。

P6060013a


 早速、囲碁の手合せが始まりました。

P6060017a
 会食前の記念撮影!!

 このなかに、うま部が4名おり、欠席の2名の先輩を加えれば、うまが多かった部屋であること、今思えば、うま以外のメンバーには、朝4時半の目覚ましなど、多大な迷惑をかけたことになる。

 P6060018a

 宴たけなわとなり、近況報告、寮歌、逍遥歌、・・・・・ 2時間+二次会2時間、があっという間に通り過ぎた。

P6070020a


 翌朝の「十勝が丘」!! まさに「十勝晴」の予兆!!

 近くの「札内川ゴルフ場」にて、有志5名がラウンドした。 快晴の中で、楽しい一時を過ごすことができた。 卒業以来、45年振りにお会いできた方が2名おりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中標津空港→新千歳空港

 第二便も中標津空港到着が遅れた。Pc180044


 それでも、乗る予定の機材を目にし、安堵した。 ところが、新千歳空港の降雪がひどく、着陸できない場合は、引き返すとのこと、

 Pc180045


 それを前提に、手助けが必要な方から搭乗が始まった。

 Pc180046


 私の座席の窓側で、プロペラは順調に回っていた。帯広上空とのアナウンスがあり、そこだけ、写真を撮ることができた。Pc180049


 十勝平原と山々の片鱗が写っている。

 新千歳空港は、幸運にも視界が開け着陸することができた。しかし、ランディングのあとは、また、強く雪が降りはじめ、空港の除雪も、運行するための最低限であることが読み取れた。

 札幌の、予定されていた業務の責任者は、到着遅れに寛大であった。ありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別海大雪

 18日、気持ちよく目覚めた、天気晴朗であった。食事中に、地元の同僚から、一便欠航、お昼の二便へ変更するよう、TEL連絡が入った。

 旅館の娘さんが戻ってきた。スクールバスがストップした、お母さんに良く似ているね! っと言ったら、満足そうなしぐさ、良き家庭なのだと思われた。

 道央から来ていた仲間をホテルに迎えに行く、細道はまだ除雪ができておらず、このような状態であった。 Pc180038


 営業所前の道路は!! Pc180040


 除雪が終わっていた。

 Pc180041


 営業所入り口、この写真で、右側門の「会社、事業所名」プレートだけが、なぜか雪がついておらず、はっきり見えていた。立派なことである。

Pc180042


 構内の除雪雪山と「かしわ」のコントラストが美しい!!

(20日~22日、東京、静岡出張です。ブログは入れておきます。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

祝賀会~

 17日、農業大賞を受賞されたFさんご夫妻の祝賀会が開催され、出席した。

 Pc170012


 花束贈呈!! 出席者は50名強、盛大であった。

Pc170023


 栄誉をたたえる楯、記念品の数々!!

 Pc170036


 「ケレス友の会」の皆様と、サポーターの喜びの記念撮影!!

 長年にわたるご研鑚とご受賞、本当にお見事でした。

 18日朝、30㎝程度の降雪があり、管内の小中学校は、登校2時間遅れとなった。スクールバスがストップ状態となった。

 帰札を予定していた「第一便」は欠航となった。千歳空港も大雪、こちらも大雪、致し方ない。お昼の「第二便」は予定時間遅れの、午後1時過ぎに出発した。千歳APの状況が悪ければ、引き返すかもという不安な出発であった。

 札幌での午後1時からの会合には間に合わず、3時半にKKRホテル到着、4時半までの一時間、なんとかコーディネーション業務をこなすことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 快晴のもとで

 21日、8時半過ぎから、牧草地に入った。 簡単な植生・生育調査と、坪刈り収量調査を行った。 P8210010


 放牧地の牛さんもジッーと見つめてくれた。 ひととおり食べ、食べ飽きた感じである。草の状態は良好!!

 P8210018


 サンプルの秤量を行っている。 乾くので手早い作業が求められる。

P8210025


 オーナーのFさんがやってきた。足元の「スイカ」に注目!! ハウス栽培なので、こんなに大きいのがとれる。

 P8210035


 昨年、夏、簡易更新した草地、「多種類混播草地」:オーチャード、チモシー、ペレニアル、アルファルファ「ケレス」、ボランティア・・・・・・。 理想的な草地である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 道の駅「摩周温泉」

 20日、ここで、小便をし、運転を交代した。前回と同じパターンである。 P8200002

 「足湯」があって、若者が、足をひたして楽しんでいた。 P8200004


 僕たちは、入り込む余裕もなかった。

P8200003


 道路の下水溝から「ゆげ」があがっており、温泉があることがわかる。 丁度、夕刻、5時頃であった。

 別海について、風呂に入って、近くの居酒屋で一杯!! P8200008


 咳が出るので、僕は、早めに失礼した。こちらのメンバーは、11時頃まで飲んで語ったようである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

 知床の植生

 24日、。「ゴミ拾い作戦」に参加し、知床半島の突端に上陸することができた。港までの帰路、丘の道を辿り、目についた植物(野の花)の写真を撮った。

 Photo


 特に珍しい花はないが、早春の「スミレ」が今咲いており、地に這った「ハマナス」がいじらしい。

 下段の左が、白花の「オドリコソウ」?のように思えた!! イネ科は次回!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

 国後島遠望

 知床半島の帰路、国後島とのミッドラインのやや内側を航行する。 段々近づく格好となる。P6242154


 P6241109


 行きは、曇天で見えなかったが!! 帰りは見えた。

 P6242165


 赤く地肌が見えるところに温泉がある!! 乗組員が教えてくれた。

 国後島は沖縄本島よりも大きいこと、択捉島はその2倍の大きさであることを知った。

 「還れ北方領土」!! その思いを肌身に感ずることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中で

 21日、中標津は、雨が降っていた。晴れ男を自認するワレにとっては、珍しいことであった。でも、雨が降っている時の状況を知リたいとのメンバーには、好適であった。

 P6211028


 新播のNo1~No4、は雑草が少なく、倒伏も少なく、良好であった。

 P6211029


 No11~松、チモシーの草伸びも良く、高収を期待できそう!! でも、ギシギシが頭をもたげてきている。

 P6211032


 No16はアルファルファも定着し、雑草も少なく、良い草地になりました。良かったですね!!

 新播のNo12~15は、ギシギシが目立っており、Ⅰ番草収穫後の「ハーモニー」散布が必要と感じました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧