« 春の贈り物 | トップページ |  チューリップ »

学園にて

 5月9日、保育園のバレイショ植えのお手伝い。

P5090007

 ロータリーの芝生と満開の桜が美しい(のぞみ寮)

P5090009

 順番に、52個を植えこみました。

P5090010

 みんなうれしそう!! 年長さんです。

 植物が好きな人、ムシやミミズが好きな人、収穫後のカレーライスが楽しみな人、・・・・・・

 種イモを植え、芽が出て、追肥して、芽かき、培土、そして収穫の喜び!! この一連の作業と観察は、それぞれに何かを与えてくれるものと思う。

|

« 春の贈り物 | トップページ |  チューリップ »

上野幌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

馬の首に着ける鈴の形ににているから、「馬鈴薯」と呼ばれたのでしょうね。京都の田舎では、「二度芋」と呼びます。年二回採れるからですが、牛がよくのどに詰めて呼ばれました。北海道ではジャガイモより馬鈴薯の方が良いでしょうね。

投稿: そりゃないよ獣医さん | 2017-05-11 18時13分

 コメントありがとうございました。今の若い人は、語源の「馬鈴」を見たこともないでしょうね!!
 バレイショ、カボチャ、トウモロコシなどで育ちましたので、今でも、少しずつ、育てています。子供のころに食べたものは、郷愁があります。

投稿: umakusa | 2017-05-11 22時20分

へええ~、馬鈴ですか。おいらも若い人かな?

投稿: バイオマスおやじ | 2017-05-11 22時45分

小生は馬齢を重ねている最中です。
キャンバスに色を重ねていく若い人に幸多かれと祈ります。

投稿: 唐松 | 2017-05-11 23時59分

 バイオマスさんこんにちは!! 盛岡の「ちゃぐちやぐ馬っこ」行列の、シャンシャンシャンというのが、馬鈴の代表です。
 農耕馬や馬車馬、馬橇、などにも「鈴」がついていたと思います。「馬車ハーネス」に!!
 我が家にも、女房が、若いころ、日高の「蹄鉄やさん」からもらったというのがあり、今日のブログに入れておきます。

投稿: umakusa | 2017-05-12 19時10分

 唐松さんコメントありがとうございました。僕の文章で、「馬齢」を「馬鈴」に変更しておきました。すみません。
 「三つ子の魂、100まで」と言われ、幼児時代の出来事は、きわめて重要と思ってます。唐松さんと同感です。

投稿: umakusa | 2017-05-12 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506741/65265798

この記事へのトラックバック一覧です: 学園にて:

« 春の贈り物 | トップページ |  チューリップ »