« ふるさと | トップページ | スラローム »

アニマルウエルフェア・セミナー

 一週間前の土曜日(11日)、市内で、標記セミナーが開催され出席した。

P3110041 基調講演をされた松木先生の講演タイトル

 家畜福祉と和訳されているが、「アニマルウエルフェア」はより広義とのこと、

P3110089 「家畜福祉の概念」

P3110090aw 「アニマルウエルフェア畜産の概念」

 先進のヨーロッパ各国、アメリカ・カナダの取り組みについても詳細な報告がなされた。

 続いて、O家畜診療所長より、今春の日本獣医師会大会での鶏のアニマルウエルフェア発表についての報告がなされた。

 主催された、(一社)アニマルウェルフェア畜産協会 代表 帯畜大S先生から、協会について、認証状況について、報告がなされた。

 我が国の取り組みが遅れている中で、北海道は「畜産のメッカ」であり、その第一歩を踏み出されたことは、意義深いことである。

 養牛・養豚・養鶏、いずれも、国民の眼から見えない、入り込むことができがたい世界になりつつある。問題が潜んでいる。

 ”アニマルウェルフェア” の取り組みによって、農業者と食品加工業者、流通・消費者が「イッキツウカン」で結ばれること、よき循環系がはぐくまれること、それが、重要だと思われた。(農林水産省のみの力で解決できる課題ではない)






|

« ふるさと | トップページ | スラローム »

セミナー」カテゴリの記事

酪農・畜産」カテゴリの記事

コメント

ご出席くださりありがとう。
我々の世代の仕事ではないかと思っています。も臼押し頑張ってみたいと思います。

投稿: そりゃないよ獣医さん | 2017-03-19 13時43分

 コメントありがとうございました。KENさんは、もうひと押し、ふた押し、頑張ってください。応援しております。

投稿: umakusa | 2017-03-19 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506741/65031931

この記事へのトラックバック一覧です: アニマルウエルフェア・セミナー:

« ふるさと | トップページ | スラローム »