« サクランボ剪定 | トップページ | アニマルウエルフェア・セミナー »

ふるさと

 私が生まれ育った地で、縁とご支援を得て、4月1日より、社会福祉事業所をスタートする運びとなった。14日、建物の検収でお邪魔した。

 P3140004a 窓から見える「藻岩山」、この山がふるさとの山といえる。スキーや昆虫採集、もろもろの遊び場であった。

 P3140003a 西側の窓からは、「円山」、遠くには、冠雪した「手稲山」が見える。こちらも大きな意味では、ふるさとの山々である。

 P3140014a 3階建てで、外観はクラッシックで落ち着いている。

 P3140016a この松(アカマツ)は、創立者がふるさとの長野県から種子を取り寄せ、

大切に育てた大切な樹木である。他にも由緒ある「落葉松」(カラマツ)、「イチョウ」などもあるが、今は、葉が落ちていてさびしい。緑の春が来れば、また、お伝えする。

 個人的には、滋賀県のSさん、兼々会のみなさんなど、お力添えをいただきました。また、法人にかかわる多くの方々にも、お力添えをいただき、心より感謝している。本当にありがとう!!





|

« サクランボ剪定 | トップページ | アニマルウエルフェア・セミナー »

医療・福祉」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

北海道でアカマツ見ることは殆どありませんが、良く育っていますね。
故郷がそこに会ってそこで生活しているのが本来の姿なのでしょうね。私は全く関係ない生き方Sてきましたけど。

投稿: そりゃないよ獣医さん | 2017-03-16 08時37分

 KENさん、いつも、コメントいただき、ありがとうございます。私も30年程度、札幌から離れて仕事をし、幸い、ふるさとに戻ることができ、幸せです。
 お世話になった上司に、まさに「鮭が川に戻ってきたようだ」っと言われ、ありがたい思いをしました。
 KENさんは、国際的な視点で物事を見つめ、かつ、行動しておられますので、日本そのものが「ふるさと」で、よろしいのではないでしょうか!!

投稿: umakusa | 2017-03-16 09時38分

こんばんは。
 立派な建物になりました、茶色い部分はレンガではないかと想像しています。

 現職時代に藻岩山、円山は中学生と毎年訪れたので懐かしい風景です。
 小生の幼少時代の遊び場は原始林(昭和の森)でしたが、Umakusaさんの場合はその麓がテリトリーだったろうと想像しています。

 竣工式には参加できませんが、心からお祝い申し上げます。

投稿: 唐松 | 2017-03-16 17時46分

 おかげさまで、スタートできそうで、ホッとしております。いろいろなことが起こりそうですが、それは世の常、一丸となって頑張るしかありません。よろしくお願いいたします。
 25日、よろしくお願いいたします。
 

投稿: umakusa | 2017-03-16 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506741/65019060

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと:

« サクランボ剪定 | トップページ | アニマルウエルフェア・セミナー »