« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

ハクチョウ 飛翔

 本日(30日)は、朝は小雨、昼からは細雪がこまかく降りしきっている。

 「幌西ほうおん」の修祓・竣工式が開催された。近くの町内分会長さん、まちづくりセンター長さん、お隣の児童会館長さんがご来賓であった。伏見稲荷神社の宮司さんは、高校の2年先輩、そうだ、その弟は、僕と同期であった。神様と少し近づいたような気分!!

 ハクチョウは曜日に撮影した写真である。

P3260052d P3260064d

P3260088d P3260116d

P3260092d P3260093d もう少しで、旅立ちを迎えることになる。鳥インフルエンザには充分気をつけてね!!

 この記事は、「31日0時05分」の予約で入れる。 この時間までは、起きていられないので、予約システムはありがたい。(現在時刻は、16時20分である)

 
















| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハクチョウ 出発便

 ハクチョウの出発は、横一線に並び、お互いに声を掛け合い、統制がとれている。

P3260070c 一枚の写真では、わかりずらいこともあるが、前後の写真の流れで、出発便であることがわかる。

P3260091c 横一線に並んでいても、そのスタートは縦につながって、飛び出して行く。

P3260174c 横からかまえていると、たくさんのハクチョウを同時に入れることは、難しい。

P3260037c 気持ちがよさそうです。

P3260044c











| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハクチョウ 到着便

 ハクチョウが下りてきたり、飛び上がっていったり、その動きははげしい。

 今日は、「到着便」のいくつかをお届けする。

P3260066b 上手に降りてくる。

P3260189b 出発便が出て、ランディングの余地ができるのを見計らっている。

P3260199b 旋回して、ランディングのタイミングを推し量っている。

P3260200b 到着便の進入!!

P3260201b 続々と、到着です。 明日は出発便をお届けします。













| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハクチョウ 遊水地

 26日()好天に誘われ、「ハクチョウ」のウオッチング!!

 千歳川およびその支流が合流する地点で大面積の「遊水地」が造成されている。その中の「人工池」に、今年から、「ハクチョウ」が来てるとのこと。

 人間は、愚かなところがあり、湿地などを開墾して農地造成を行ってきたが、今は、もとの状況「遊水地」に戻すという。河川にも同じような、無駄な工事を行ってきている。

  

P3260041a のどかな春の感じが出ている。

P3260072a_2 小さな人工池、コハクチョウ、オオハクチョウが混在している。

P3260075a オオハクチョウのようです。

P3260083a 幼鳥が地面をつついている。

P3260098a おちゃらけている!! 

 午後は、恵庭市民会館にて、地元小中学生による演劇「中山久蔵翁物語」を観る。北海道の稲作の祖、夢を追い求め続けた男の物語であった。

 夕刻6時より、私が会社で最もお世話になった14歳年上の方のお通夜に出席した。

 ハクチョウの飛翔は、先輩の小宇宙から大宇宙への旅立ちと重なり、静かに見守った。
















| | コメント (4) | トラックバック (0)

札幌の街越えの山々

 26日(日)、近くの立命館大学付属慶尚高校から、札幌の山々をウオッチ!!

P3260026a 「無意根山」

P3260029a 「手稲山」

P3260030a 「藻岩山」、手前に白いスキーコースが見える山!! その手前に「札幌ドーム」!!

P3260031a 「恵庭岳」!! 

 見る場所から、その風情も変わる。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

水辺にて

 水辺に漂う、水鳥は、種類も多く、混在している。

 P3200047a オナガガモ


P3200048a 夕張岳と水鳥!!

P3200062a


P3200081 レッゴー!!

P3200086a 沢山の種類が混在している。時には、ケンカもするが、共存しているように見える。







| | コメント (2) | トラックバック (0)

山をバックに、野鳥

 山々と野鳥のコラボ!!

 P3190033 樽前山をバックに「ヒシクイ」軍団?

P3190037 樽前山とハクチョウ!!

 P3200033 夕張岳とヒシクイ!!

P3200099 夕張岳とヒシクイ!!

 水辺の野鳥もお届けしたい。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

山並み

 (太平洋)~樽前山~風不死岳~恵庭岳~札幌岳~無意根山~朝里岳~手稲山(日本海) 大パノラマがひろがる。

P3190018nP3190019P3190020 僕の技術では、この程度か!!

P3190025n 樽前山 左側に流れ、太平洋(苫小牧市)

P3190027n 恵庭岳 札幌オリンピックのおり、滑降競技が行われた。

P3190023n 無意根山 これから、山スキーが楽しめる。

 いずれも、札幌市内から望むことができる。
















| | コメント (2) | トラックバック (0)

スラロームⅡ(おまけ)

 P3200148a  P3200108a

 P3200142a これが、今シーズン最後のスキー!!

 P3200017  ちびちやんは、めんこいね!!

 P3200021  札幌の街並みの向こうに海(日本海)が見える。石狩海岸であろう!!

 P3200023  その左には、手稲山!! 山頂とスキーコースが見える。中3の時、HBC大回転スラロームに出場した。 今は、その度胸も失せている。
















| | コメント (2) | トラックバック (0)

スラロームⅡ

 20日()、「ダイナスティ・スキー・リゾート」へ出かける。今シーズン3回目である。

 快晴のもと、楽しい時間を過ごすことができた。女房が写真を写してくれた。今は、もうのらないので、下のほうで、待ち構えてくれた。

 P3200032a  P3200038a  P3200066a  P3200071a

 P3200087a  P3200106a

 スキー場は、20日でクローズとなる。雪はまだ大丈夫であるが、「ゴルフコース」オープンへの準備に入るとのこと。

 一日ズレルと、滑れなかったので、幸運であった。













| | コメント (2) | トラックバック (0)

ももちゃん&

 春分の日も過ぎて、春が一気に近づいてきた。家の中にも、春が、近づいてきている。

 P3190002 時には、両足を挙げて、まどろむ!! ストレッチも上手である。

P3190003 ももの頭の上では、「ハイビスカス」が!!

P3190012 「ハイビスカス」のアップ!! 大輪である。

P3190004 畳の部屋では、「クンシラン」が色づき始めている。

P3190006 その下で、「もも」ちゃんが、赤ちゃんをかわいがっている。

P3190011 めんこい「ももちゃん」、たくましくなりました。
















| | コメント (2) | トラックバック (0)

小さい春

 家のサイドの花壇は、雪解けも早く、「チューリップ」が伸び始めた。

P3180004 小さい植物は「ムギセンノウ」!! 落ちた種子が、たくさん芽を出している。

P3180005 芝生の雪解けが始まり、みどりの顔を出した。P3180006 ドウダンツツジの下も、顔を出した。

P3180007 家の裏側でも、みどりがスタートしている。 P3180011 雪解けの奥には、みどりが育っていた。雪解けの春は楽しみで一杯!!













| | コメント (4) | トラックバック (0)

スラローム

 18日(土)、保育園の第5回卒園式に出席した。ご来賓に地元小学校の校長先生、町内会長さん、などなど、11名が晴れの卒園を迎えた。

 一緒に、イモの植え付け、野菜の種まき、それらの収穫もおこなった間柄であり、うれしいことであった。 小学校でも上手に適応し、元気で成長してほしい。

 午後、女房が動く物体の写真を撮りたいと言っていたので、(それでは、僕のスキーをとれと言って)ゲレンデに向かった。

 P3180022aa リフトの券を買って、いざ、出陣!!

P3180044aa リフトに乗って、ご機嫌です。

P3180138aa 滑り降りてきました。

P3180146a この帽子は2・3年前のクリスマスプレゼント(息子たちから)

P3180154aa 今日はこれでおしまい。

もう一回撮りに行きたいとのこと、もう一回、モデルになるか?











| | コメント (4) | トラックバック (0)

アニマルウエルフェア・セミナー

 一週間前の土曜日(11日)、市内で、標記セミナーが開催され出席した。

P3110041 基調講演をされた松木先生の講演タイトル

 家畜福祉と和訳されているが、「アニマルウエルフェア」はより広義とのこと、

P3110089 「家畜福祉の概念」

P3110090aw 「アニマルウエルフェア畜産の概念」

 先進のヨーロッパ各国、アメリカ・カナダの取り組みについても詳細な報告がなされた。

 続いて、O家畜診療所長より、今春の日本獣医師会大会での鶏のアニマルウエルフェア発表についての報告がなされた。

 主催された、(一社)アニマルウェルフェア畜産協会 代表 帯畜大S先生から、協会について、認証状況について、報告がなされた。

 我が国の取り組みが遅れている中で、北海道は「畜産のメッカ」であり、その第一歩を踏み出されたことは、意義深いことである。

 養牛・養豚・養鶏、いずれも、国民の眼から見えない、入り込むことができがたい世界になりつつある。問題が潜んでいる。

 ”アニマルウェルフェア” の取り組みによって、農業者と食品加工業者、流通・消費者が「イッキツウカン」で結ばれること、よき循環系がはぐくまれること、それが、重要だと思われた。(農林水産省のみの力で解決できる課題ではない)






| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと

 私が生まれ育った地で、縁とご支援を得て、4月1日より、社会福祉事業所をスタートする運びとなった。14日、建物の検収でお邪魔した。

 P3140004a 窓から見える「藻岩山」、この山がふるさとの山といえる。スキーや昆虫採集、もろもろの遊び場であった。

 P3140003a 西側の窓からは、「円山」、遠くには、冠雪した「手稲山」が見える。こちらも大きな意味では、ふるさとの山々である。

 P3140014a 3階建てで、外観はクラッシックで落ち着いている。

 P3140016a この松(アカマツ)は、創立者がふるさとの長野県から種子を取り寄せ、

大切に育てた大切な樹木である。他にも由緒ある「落葉松」(カラマツ)、「イチョウ」などもあるが、今は、葉が落ちていてさびしい。緑の春が来れば、また、お伝えする。

 個人的には、滋賀県のSさん、兼々会のみなさんなど、お力添えをいただきました。また、法人にかかわる多くの方々にも、お力添えをいただき、心より感謝している。本当にありがとう!!





| | コメント (4) | トラックバック (0)

サクランボ剪定

 13日、夕刻、車庫のかたゆきを利用して「サクランボ」の剪定を行った。

うちの中から、障子に映った剪定作業のシルエット!! 女房が写した!!

Img07308

 

P3140001 14日朝、窓を開けて!! 車庫の上の「かたゆき」、これが、足場となって、役立った。

P3140002a 少しは、すっきりしたが、素人なので、どんなものか?

 小鳥がたくさんやってきて、冬芽をつついている。

 虫も食べてくれているので、よしとしなければ!! たくさんサクランボがつくことを祈っている。







| | コメント (2) | トラックバック (0)

めんこいね

 12日のゲレンデスキーでのワンショット!!

 P3120004a ちびっこが、ポールスラーロムに挑戦していた。

P3120031a リフトを降りて!!

P3120033a ちびっこ軍団!!

P3120034a 急斜面を一斉に滑り降りる。

P3120036a めんこいね!!

P3120039a こちらも、めんこいね!!














| | コメント (4) | トラックバック (0)

札幌からの雪山

 12日(日)、晴天に誘われ、我が家から15㌔離れた「ダイナスティ・スキー・リゾート」(北広島市)へ行く。

 「4時間のリフト+昼食券」で2,000円だった。夏は、ゴルフコースとなる。土壌調査から、植生の造成など、完成までタッチした、思い出のコースである。20代の事である。

 天気が良いので、写真撮りが中心、写した順番に紹介する。

P3120005a 定山渓方向に「無意根山」(1,461m)の白い頂が広がっている。

P3120007a 厚別~江別越えに、「暑寒別岳」(1,491m)などが見える。

P3120025a 左に「芦別岳」(1,727m)、右に「夕張岳」(1,668m)!!

P3120024a 「夕張岳」の山頂!!

P3120032a 中央が「手稲山」(1,024m)!!

 ほぼ、360度にわたって、連なる、山々が見える。

 自分の眼より、カメラのレンズが優れていることがわかった。自分の眼では、「手稲山」山頂のTV塔の数々は確認できなかった。へんてこりんである。













| | コメント (4) | トラックバック (0)

カラスさん

 カラスさんは、毎日、我が家の小さなお庭に、遊びに来る。1~3羽、ファミィリーと思われる。P3110031a


 ヒヨドリさんも、毎日、遊びに来る。P3110018sa

 カラスさんも、ヒヨドリさんも、この近くをテリトリーとして、棲みついていているように思われる。私が近づいても、悠然としている。小さな鳥と、バランスをとってくれれば、それでいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪害

 2階の屋根の雪・氷が落ち、1階部分の「小屋根」をつぶしてしまった。2月中~下旬の出来事であった。

 1階部分の屋根は、「無落雪」なので、平たんであり、2度ほど雪下ろしをした。しかし、2階部分は、ゆるい傾斜で、落とすようになっている。こわくて、登ることも、難しい。

 P2240004a 無残な姿を呈している。

P2270031a アップすると!!

 来週、水曜日に建築屋さんが来て、見積もりを出してくれる。

 火災保険には、「雪害特約」がついているが、免責分の50,000円は負担せざるを得なく、これは、痛い。

 今後のことを考えると、業者の方に、費用を負担して、除雪をお願いするのが、賢明かもしれない。

 雪国で生きるには、そんな心配もある。道路は、シーズン10回の排雪で、約30,000円かかっており、屋根の雪下ろしも、同程度を覚悟せねばならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

訪問者

 雪が降ったり、やんだり、日が差すと、野鳥さんが遊びに来てくれた。

 P3090002a 「シジュウカラ」さん、かわいいですね!!

P3090023a 「ヤマガラ」さん、カラフルです。

P3090030a 「スズメ」3羽!!

P3090031a 「ヒヨドリ」さん!!

P3090032a 「コゲラ」さん!! カラスさんも来ていました。

 今日も留守番で、時々、写真を写し、「もも」と楽しい時間を過ごしました。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪のお庭

 12月の降雪量は、記録的に多かった。しかし、1月、2月は、これまた、記録的に少なかった。3月に入っても少なめである。

 しかし、お庭の雪は、例年より多い。

P3080008 こんなに、雪が残っている。

P3080014 スズメさんが遊びに来た。

P3080017 シジュウカラさん!!

P3080019 シメさん!!

 今日は、留守番でしたので、窓越しの写真でした。










| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤドリギ

 樹木に共生し、外見では、ボールがいっぱいくっついたように見える。

 野鳥観察のおり、ヤドリギが実をつけることを知った。

P2220027a これが、ヤドリギである。

P2100080a アップすると、赤い実をたくさんつけていることがわかる。これを、野鳥が好んで食べるのか、好きでないのか、わからない。

P2220047a


 めんこちゃんの「もも」ちゃんです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

小さな春

 お正月の頃から、「オンシジューム」や「カニシャコバ」が咲いていたが、ここにきて、草花も咲き始めた。「クンシラン」の花茎も上がってきた。

P3040010a お二階では!! 春を感じます。

P3040011a いたずら「もも」のお気に入り!!

P3040021a 一階の「ゼラニューム」!! 芝生は、まだ、深い、雪山の下!!







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイビスカスがすごい

 春が近づいてきた!! 寒い我が家であるが、植物は、一番いいところにおかれており、花ざかりとなってきた。

P3040006a2 1階の「ハイビスカス」2輪咲!!

P3040009a 2階のピンク、大輪です。

P3040007a 外は、まだ、白銀の世界です。

 今夕、息子夫婦が夕食をおごってくれた。極めて、珍しいことで、うれしかった。留守番の「もも」が心配で、1時間ちょっとで帰宅した。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

歩くスキー

 地元の「歩くスキー教室」、今年は、3年目の参加となる。 1月~3月の土曜日10回開催!! シーズン会費が1,000円なので、「ただ」みたいなものである。

 『スポーツを通じて、市民が、地域が、さっぽろが元気に』ということで、小学1年生から、85歳のお年寄りまで、多いときは50人、通常、30人程度が集まる。

 多いときは、オリンピックの金メダリストが来て、指導してくれる。通常も、世界選手権に出た方が、丁寧に教えてくれる。

P3040014a 準備体操が始まりました。ここは、夏場は、「パークゴルフ場」です。

P3040016a 今日は、スケーティング歩行の練習が中心でした。

P3040018a_2 小1のT君は、宮様大会ジュニアに出場とのこと、いろんな人が、いろんな目的で、楽しんでいる。頑張っている。

 





| | コメント (2) | トラックバック (0)

富良野残照

 27日、帰路、富良野にて!!

 「六花亭」は休業と書いてあった。冬季間のことなのか、わからない。

 P2270051a


 北の峰スキー場!!

P2270054a  中富良野市街!!P2270059a_2  富良野残照!!

 今回は、「桂沢湖」は避けて、滝川経由の安全な道を走った。

 日没を追いかけての走行!! 陽が長くなり、春は、もう少しである。










| | コメント (2) | トラックバック (0)

美瑛~富良野

 「もも」が我が家にきて1年(昨年の2月29日)と女房の誕生日(3月1日)を祝して、富良野~美瑛方面を目指す。

 幸い、天候に恵まれ、雪景色の田園風景を楽しむことができた。「もも」は女房が車から降りると、異常に吠える。自分はそのなだめ役と運転手であった。

 そんなんで、自分は、少々のシャッターにとどまった。そんな調子なので、昼食も車の中で「おにぎり」!! でも、「味噌汁」も飲めるので、便利な世の中となった。

 P2270042a 美瑛の丘陵にて 

P2270049a 上富良野から「十勝岳方面」を望む

P2270041a 千望峠近くからの「富良野岳方面」!! 兼々会メンバーで登山したのは早6年前になる。

 「もも」がわがままになってきており、私の甘やかせゆえと非難されている。さもありなん。








| | コメント (2) | トラックバック (0)

そりを引く馬(像)

 27日、富良野・美瑛へ向かう途中、[岩見沢SA]にて、そりを引く馬の像が飛び込んできた。 P2270032a


P2270033a アングルを変えると、よりたくましい。

 農業、林業、交通、ばんえい、など、広範に活躍していた。開道150周年を迎えるが、その下支えで貢献されたことは間違いない。

 農村地帯でも見かけることが少なくなり、残念である。小学生の頃は、札幌のど真ん中でも、馬がのどかに繋牧されていた。開道90周年の頃である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »