«  家畜福祉セミナー | トップページ | 雪堆積場 »

由緒のある樹木

 24日、市内中央区の法人創設の地を訪ねた。既存建物の解体工事も終了し、雪どけ時期を探っていた。

 P32400053

 左から「イチョウ」、「イチイ」、「アカマツ」、3本の「カラマツ」が並んで見える。

P3240006
 「藻岩山」の山頂がのぞいている。敷地の南西方向をのぞんでいる。山腹の白いスジはロープウエイ軌道!!

P3240009
 敷地の東側:市電の停車場方向をのぞんでいる。右側の大木は「イチョウ」!!

P3240011
 敷地の西側:3本のカラマツ、その向こうは、児童会館である。

P3240010 敷地の北東側:3本のカラマツ、奥の建物が解体され、見通しが開けた。

 カラマツは昭和天皇が皇太子時代に真駒内にてお手播きされた苗をご下付されたもの。その他の樹木も創始者が種子から大切に育てたものとうかがっている。

 大切な樹木を守ることができ、先ずは、一安心!!お世話頂いた皆様に感謝している。








|

«  家畜福祉セミナー | トップページ | 雪堆積場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

コメント

 ちらほら雪が降った日ですが、現場見学お疲れ様でした。高い建物が撤去されると視界が広くなり、土地の広さに驚いたことと思います。
 この続きは明後日に聞けるのではないかと密かに期待しています。
 コメントありがとうございました。子供たち、愛されていて幸せですね。

投稿: 紫錦唐松 | 2015-03-24 18時20分

 Kさん、コメントありがとうございました。難問は、まだまだ続くわけですが、最善を尽くし、かつ、楽観的でありたいと、そう思っております。よろしくお願い致します。
 ろんちやん、らいあん、の介護が必要になり、2人そろっての宿泊外出は、難しくなっています。2人揃っての外出は、2~3時間であれば、許してくれているような気がしています。基本的には、どちらかが、家にいるようにしております。そのような毎日です。

投稿: umakusa | 2015-03-24 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506741/61331455

この記事へのトラックバック一覧です: 由緒のある樹木:

«  家畜福祉セミナー | トップページ | 雪堆積場 »