« 由緒のある樹木 | トップページ | 春の訪れ »

雪堆積場

 雪どけが早く、「雪堆積場」への進入路も土が顔を出してきた。

 P3240022
 ダンプの出入り口には、このような看板が掲げられている。通常は、「排雪置場」と呼ばれている。

P3240014
 多い時は、数十台のダンプやグレーダー、ブルが活躍していた。

P3240015

 望遠で引き付けると!! 表面積を大きくして、融雪促進を図っているのか!!

P3240023
 「チョコレートケーキ」のようにも見える。

P3240017
 北斜面の「根あけ」も進んできた。 明日からあたたかい日が続くとの予報!! 畑の雪どけも進むことであろう!!





|

« 由緒のある樹木 | トップページ | 春の訪れ »

もみじ台」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しかし、いつも思うが「排雪」って身勝手だよね。
自分家の見えるところから除ければOKだよね。
その最初の時点で対策を考えなくては駄目だね・・・
例えば、大げさな設備は作らずに、冬の-と夏の+を相殺するやり方はいかがかな?「じゃ、どうする」
意外に簡単かもしれない。低温は貯蔵に適する、高温は燃料に匹敵する・・・????

投稿: okage74 | 2015-03-25 21時44分

 okageさん、おはようございます。ほぼ快晴の素晴らしい朝を迎えました。
 排雪ではなく利雪!! もっともです。
 自然は大きなスケールで、昔から、そうしてきました。日高山脈の積雪は、まさに、ダム、広大な十勝原野を潤し、収穫を確かなものとしてきました。
 お金があれば、そのような、利雪の家を建ててみたいとおもいますが????

投稿: umakusa | 2015-03-26 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506741/61331532

この記事へのトラックバック一覧です: 雪堆積場:

« 由緒のある樹木 | トップページ | 春の訪れ »