«  カーリング | トップページ | 由緒のある樹木 »

 家畜福祉セミナー

 21日(土)、市内「かでる2・7」にて、標記セミナーが開催され、出席した。 今回のテーマはーー『酪農家と獣医師から見たアニマルウエルフェア』ーー

 その1:「牛と歩んだ人生」久保純一さん

P3210003 発表される久保さん!!

P3210006
 質問に応える、久保さん!! 愛情を込めて牛たちと接し、人と大地と牛にやさしい酪農を続けてきた。 今年1月、最後の牛を手放し、酪農経営にピリオドを打つ。

P3210005
 会場点描!! 20名程度の集まりであった。 主催は昨年春に発足した「北海道・農業と動物福祉の研究会」であり、1月30日、KENさんも来札され、シンポが催されている。

 その2:「牛の診療から家畜福祉に興味を持った理由」

P3210009 末永さんは、農業共済組合にて、日々、診療にあたられている。

 大学に進むまで、家畜、動物とは縁が薄く、それゆえ、消費者、生活者の目線で酪農・畜産、そして、その経営を捉えることができるとのこと、また、小学校での「食育の授業」も担当されている。

 アニマルウエルフェアに配慮し~徹底される酪農家の牛乳が、高く評価されることが重要であり、研究会をとおして、その実現に向け、努力したいとの発表であった。
P3210012
 帰路の道庁脇!!

 市内の雪は完璧に融けてしまった。

 

 


|

«  カーリング | トップページ | 由緒のある樹木 »

セミナー」カテゴリの記事

酪農・畜産」カテゴリの記事

コメント

出席ありがとうございます。
若い獣医師の人たちの声を聴きたかったのですが、ちょっとこれだけのために行くにはできませんでした。知人のメールに、正論は中々多数にはなりにくいのが現実だと思います。

投稿: そりゃないよ獣医さん | 2015-03-24 08時29分

 若い獣医さんは、KENさんの後輩であり、僕も興味深く聞かせていただきました。
 お父さま(公認会計士)が法人の監事を担って下さっており、会場にてお会いし、びっくりしました。世の中は、狭いものです。

投稿: umakusa | 2015-03-24 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506741/61326265

この記事へのトラックバック一覧です:  家畜福祉セミナー:

«  カーリング | トップページ | 由緒のある樹木 »