« 藻岩山から(Ⅱ) | トップページ |  このところの野菜 »

 厳しい生存競争

 22~23日午前、待望の雨が降った。約1ヵ月ぶりである。

 雨が降らないので、病害は少なく、逆に、害虫がはびこっていた。

 P7160003

 バレイショ←テントウムシダマシ、イナゴ

P7160012
 エダマメ←マメコガネ

P7160008
 インゲンマメ←カメムシ類

P7160018
 インゲンマメ←ウリハムシモドキ

P7190041
 インゲンマメの葉裏←ニジュウヤホシテントウの幼虫

 カボチャ、アジウリ、トマト、ナス、ピーマン、シシトウ、など、コマツナ、カラシナ、ダイコン、カブ、などもあった。ナガネギ、タマネギ、ニンニク、ナンバンなどは、対抗性があるように思われた。いろいろな作物があることによって、壊滅的な被害からはまぬがれている。

 野鳥も遊びに来て、協力してくれているように思われる。ありがたい。






|

« 藻岩山から(Ⅱ) | トップページ |  このところの野菜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

西の里自家菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506741/60033453

この記事へのトラックバック一覧です:  厳しい生存競争:

« 藻岩山から(Ⅱ) | トップページ |  このところの野菜 »