«  ツバメ | トップページ | 奥沢水源地:小樽 »

 ハクセキレイ&

 自家菜園では、畑を耕起すると、「ハクセキレイ」が遊びに来る。この周辺に棲みついているのか、しょっちゅう遊びに来る。主かも知れない。

 P4290005 4/29、ムシを食べているのか? 遠くのみどりはニンニク!!

P4290008 「ハクセキレイ」のうしろ姿!!

P4290009  ハクセキレイの♂!!

P4290010 こちらは「セグロセキレイ 」か?

P4290001 お庭に遊びに来た「スズメ」さん!!

 楽しい春がやってきたのに!!

|

«  ツバメ | トップページ | 奥沢水源地:小樽 »

西の里自家菜園」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

小鳥の歩き方には、ウォーキングとホッピングの二通りがあります。歩くタイプと飛ぶタイプです。
セキレイたちは典型的なウォーキングタイプです。歩いて止まった時に、尾羽をヒョコヒョコ降ります。
骨盤の形は歩くようにはなっていません。
スズメとその仲間はほとんど、ホッピングです。多分ホッピングの方が鳥に負担にならないと思います。
状況を見てこのどちらもやるのが、カラスです。そうした意味でも、知能が高く異質な鳥と言えます。

投稿: そりゃないよ獣医さん | 2014-05-10 08時38分

 KENさん、今晩は!! ご高説をいただき、感謝です。
 カラスは、碧雲寮時代に、部屋で、面倒をみてたことがあり、馬場への道をついてきたり、帰りもまた、一緒!!学生時代の良き思い出の一つです。
 カラスはそのように、人間との適応、順応性を身に着け、進化を続けているのかも知れません。
 人間は、動物であることを忘れ、夜分にもかかわらず、スマートフォンに気を取られ、周りに心配をかけ、・・・・・・・・。 ご心配おかけし、すみません。

投稿: umakusa | 2014-05-10 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  ハクセキレイ&:

«  ツバメ | トップページ | 奥沢水源地:小樽 »