«  畜大馬場 | トップページ | よさこいソーラン »

 中寮11室コンパ

 私の学生時代の寮仲間が「かんぽの湯十勝川」に集まった。15名の案内に対し、8名の参加者であった。

 その時代の碧雲寮は木造で、南寮、中寮、北寮、それぞれ16室、合わせて48室、1室6名で構成されていた。

 陽当たり、スチーム暖房の効率の良さ、その他の利便性から、毎年、部屋替えが行われていた。なぜか、私は中寮11室で4年間を過ごすことができた。(卒業と同時に新寮へ移行、従って、4年生の時の1年生をもって、メンバーの補充はなし)

 P6060011a


 「十勝が丘」、なつかしい光景である。

P6060013a


 早速、囲碁の手合せが始まりました。

P6060017a
 会食前の記念撮影!!

 このなかに、うま部が4名おり、欠席の2名の先輩を加えれば、うまが多かった部屋であること、今思えば、うま以外のメンバーには、朝4時半の目覚ましなど、多大な迷惑をかけたことになる。

 P6060018a

 宴たけなわとなり、近況報告、寮歌、逍遥歌、・・・・・ 2時間+二次会2時間、があっという間に通り過ぎた。

P6070020a


 翌朝の「十勝が丘」!! まさに「十勝晴」の予兆!!

 近くの「札内川ゴルフ場」にて、有志5名がラウンドした。 快晴の中で、楽しい一時を過ごすことができた。 卒業以来、45年振りにお会いできた方が2名おりました。

|

«  畜大馬場 | トップページ | よさこいソーラン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

道東にて」カテゴリの記事

コメント

なんか見たことがあるような、ないよな顔ぶれです。
いいね。

ところで、脊椎刊狭窄症 
加齢
華麗
家令
ってほんと?

投稿: そりゃないよ獣医さん | 2013-06-09 16時37分

 コメントありがとうございました。6名という小集団ですが、一年生の「足軽」から4年生の「天皇」まで、経験することができました。
 寮務委員長、大学生協、キャプテン、など、活躍した先輩が多く、その面倒見の良さと、チームワークが、今日につながっているものと思います。
 「脊柱管狭窄症」は医者のつけた病名です。加齢現象だと思います。好きなことをしていると痛みません。たとえば、ゴルフ、自家菜園、・・・・・・痛みを忘れているのかも知れません。
 家族には町医者ではなく、大きな病院へ行くよう勧められております。これ以上、病名をつけられても困ります。KENさん、お元気で!!

投稿: umakusa | 2013-06-10 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  中寮11室コンパ:

«  畜大馬場 | トップページ | よさこいソーラン »