« アオサギ | トップページ | カモメ »

雪の草地にて

 23日、続き!! 早来の牧場草地にて、羽根を休める「ハクチョウ」の一群を発見した。

 P3230099


 コハクチョウと思われる一群が「ウトナイ湖」方面へ向かっていった。

 このうちの一部が近くの雪の草地にランディング!!

 P3230101


 P3230107


 コハクチョウの上を千歳APへ向けた飛行機が通過する。

 P3230114


 やがて、この一群も、ウトナイ湖方面へ向け、飛び立ち始めた。

|

« アオサギ | トップページ | カモメ »

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

いろいろ考えましたが、問題点が判りました。
バードウオッチングで最も大切なのは、『双眼鏡』です。
カメラだけ持って野鳥を追っている人はほとんどいませんが、双眼鏡なしの人はほとんどいません。ちょっと、慣れたり深みに入ったりすると、プロミナーを担いでいたりします。
カメラ、しかも短い焦点距離のカメラだけは、野鳥観察には適さないと思います。
野鳥は双眼鏡で、その姿や形やしぐさなどを観察し、生態を知り名前などを覚えてゆくものだと思います。
まずは双眼鏡です。
双眼鏡は、倍率と視界角度と明るさの三つで評価されます。それに防水機能と手軽さなどが加わります。
最も手頃な、ニコンのモナークが良いと思います。3万円程度でしょう。知床に行った時に、Oさんに預けたものです。
小生年度末のカルテ整理で毎晩、3時を回って苦手な事務仕事してます。
疲れ

投稿: そりゃないよ獣医さん | 2013-03-28 13時29分

 KENさん、お疲れのところ、丁寧なコメントありがとうございました。
 私も、うすうす気が付いておりました。これからは、双眼鏡も同伴することにします。
 写真は、証明を確認(確定)するもので、写真で、同定するのは、難しいと思えます。

 確認すべきポイントの少々が、わかりかけてきましたので、少し頑張ってみます。

 カルテ整理、ご苦労様です。記録がしっかりしていると、裁判にも勝てるそう!! 最近、そんなことを学んでおります。 どうぞお元気で!!

投稿: umakusa | 2013-03-28 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の草地にて:

« アオサギ | トップページ | カモメ »